温度の環境を整える ~体を温める~

人間の体温は平均36.5度を保つのがベストです。昔から「頭寒足熱」が健康の秘訣といわれているように、冷えやすい下半身を温め、体温のバランスを取ることが大切です。お風呂と足湯を併用して体温が平均36.5度になるように心がけましょう。

正しいお風呂の入り方

●お湯の温度は38℃~39℃
血行を促進するには、ぬるめのお風呂が一番。
ゆっくり15分以上つかることをおすすめします。朝風呂は、
プラス2℃~3℃高めに、短時間で体をシャキッと。

●半身浴がオススメ
「全身浴」は、水圧が体にかかり、心臓に大きな負担をかけてしまいます。

●入浴前後の水分補給
入浴前後の水分補給をしっかりと行いましょう。